対馬海峡の極上サバ「伊奈サバ」一本釣りに挑戦! サバ刺し、しめ鯖、バッテラ寿司…絶品サバを食べ尽くす

▼日数
1泊2日
▼開催場所
長崎県対馬市上県町志多留
▼料金
13,000円(現地集合・解散)

sabagirls

ツアーチラシ

クリックでダウンロードできます。
sabapic

対馬の北西部、伊奈沖は非常にエサが豊富な海域。この海域でとれるサバは大型で身が締まっており、脂の乗りがよいと評判です。通常サバは3年魚で700g前後にまで大きくなりますが、ここでは1kg越えのサバは当たり前。「伊奈サバ」としてブランド化しています。

釣り方も、イワシや疑似餌を使った夜の一本釣り。昔ながらの漁法を守り続けています。このブランドサバを自らの手で釣り上げ、その味を自分の舌で確かめてみましょう。

imgp0108

現役の一本釣り漁師の船で漁業体験

釣り方は現役漁師がついて教えてくれるので、初めての方でも安心です。

12341116_829484103837214_6182437316617485892_n

旬のサバを食べる!

旬のサバを、地元で食べられている一番おいしい調理方法でいただきます

スケジュール

sabasuke

体験者の声

伊奈サバ釣りを体験しました。人生で初めての船からの釣りでしたが、船酔いすることもなく楽しめました。夕方の6時ごろに志多留を出発し、沖へ出て釣りをはじめました。釣れるときと釣れないときで差があるようで、最初はあまり釣れなかったのですが少ししてからかなりの数が釣れるようになりました!釣れはじめると釣り糸を落とした瞬間にサバがヒットする、くらいの勢いで釣れたのがびっくりでした。何匹も魚がかかった釣り糸を引き上げるのは、思ったより重さがあって大変でしたが、自分の手で釣り上げた瞬間は感動でした!釣れるようになってからは時間を忘れてサバを釣っていて、気が付いたときにはもう真夜中。船の電気を消して、心地よい夜風に吹かれながら志多留へ戻ったのは深夜の1時過ぎでしたが、疲れは全く感じませんでした。初めてのサバ釣り体験、とっても楽しかったです。また機会があればやりたいです。

旅行条件

定 員:4名

最少催行人数:1名

代金に含まれるもの:宿泊料(1泊)、昼食(1回)、朝食(1回)、夕食(1回)、体験料、ガイド料、添乗サービス料、保険料、消費税

代金に含まれないもの:アルコール代

添乗員:バス停から同行します(1名)

※路線バスをご利用の場合「仁田」または「佐護」バス停で下車してください。バス停から志多留までは無料送迎いたします。

ツアーの様子

お問合せ先

対馬グリーン・ブルーツーリズム協会
〒817-1533
長崎県対馬市上県町志多留208
電話:0920-85-1756
FAX:0920-85-1755

旅行実施

対馬空港ターミナルビル株式会社 エアー・トラベルつしま

長崎県知事登録旅行業第2-115号 

総合旅行業務取扱管理者 永留 晃

企画共催

対馬グリーン・ブルーツーリズム協会