民泊で出会える対馬の食|長崎県対馬市|民泊×体験

■いりやき

古くから対馬に根付いた鍋料理。出汁は地鶏と使う派と旬の魚を使う派に分かれます。各家庭の味をお楽しみください。

■ろくべえ

サツマイモを発酵させて作る「せん」を麵状にし、魚や地鶏ダシのスープでいただきます。モチモチとした触感がやみつきに!

■対州そば

縄文時代に大陸から伝わった対州そば。日本のソバのルーツと言われています。身が小粒で香り高く、豊かな風味が特徴です。

■新鮮な魚介類

春はタイやアジ。夏は剣先イカや太刀魚。秋にはサバやカツオ。冬は寒ブリやサザエなどの磯もの。旬の魚介類が楽しめます。

■豆酘(つつ)雑煮

お餅が入らない(!)お雑煮です。炙ったクロ(メジナ)で出汁をとり、豆や様々な根菜類を煮込みます。栄養満点の郷土料理。

■猪・鹿・ジビエ料理

森が豊かな対馬。ドングリをたくさん食べて育った対馬の猪は、まさにイベリコ豚ならぬイベリコ猪。猪は冬、鹿は夏が旬です。