アカハラダカの渡り日を観察ツアー(2016年9月7日~9月22日)

アカハラダカの渡り日を観察しよう! ~日本最大の観察地対馬で島の自然と暮らしを学ぶ~

開催日程: 9月7日〜9月22日の期間 随時開催

出発地: 対馬発着 または 福岡発着

日数: 1泊2日

ツアー料金: 17,800円(対馬発着)、29,800円(博多発着 ジェットフォイル往復)                      ※双眼鏡貸出の場合は、別途貸出料500円

【代金に含まれるもの】宿泊料(1泊)、朝食(1回)、夕食(1回)、

体験料、島内移動費、ガイド料、添乗サービス料、保険料

【代金に含まれないもの】昼食代、アルコール代、双眼鏡貸出料

最少催行人数: 1名

 

ツアーのポイント

日本最大の観察地 対馬でアカハラダカの渡りを観察

アカハラダカは、ハトほどの大きさの小型のタカです。繁殖地である中国や朝鮮半島で夏を過ごし、秋になると越冬のため、東南アジアまで南下します。その途中で対馬に立ち寄るのです。

対馬での渡りのピークは9月中旬。多い時には、一日に数万羽が観察されることもあり、まさに日本最大の観察地なのです。タカが上昇気流に乗って旋回しながら飛び立つ様は、「蚊柱」ならぬ「鷹柱」のようです。数千キロにおよぶタカの旅路、その旅立ちを一緒に応援しましょう。

  • 現地ガイドによるレクチャー付き。バードウオッチング初心者でも安心です
  • 双眼鏡の貸し出しも行っております。(レンタル料:別途500円)
  • 地元の野鳥の会のメンバーや野鳥愛好家が、毎日のように観察に訪れますので、対馬の自然を語り合う、交流も楽しめます。
  • 対馬の自然まるわかり ミニレクチャー

現地ガイドが、龍良山麓自然公園センターにて、対馬の自然の概要についてミニレクチャーを行います。

美しい里山を育む対馬の暮らしを丸ごと体験

農家民宿にて郷土料理や農作業などを体験し、暮らしと自然とのつながりを学びます

受け入れ家庭の温かいおもてなしに心が癒されます

旅館やホテルと違って、受け入れ家庭の自宅に宿泊し、まさに家族の一員としてお客様をお迎えします。普通の旅行では味わうことの出来ない、人の温かさに触れる旅です。

  • レストランでは味わうことの出来ない、採れたて、釣れたてのお食事に舌鼓
  • 受け入れ家庭との交流で、より深く対馬を知ることができます

 

 

【ツアー日程】

一日目 里山暮らし体験
お出迎え 12:45 厳原港フェリーターミナルまでガイドがお迎えに参ります。

※10:30博多埠頭発 ジェットフォイル「ヴィーナス」

昼食 13:00 対馬バーガーkiyo

スタッフオススメのハンバーガーショップ。対馬の食材をふんだんに使った特製ハンバーガーでランチをどうぞ。

※昼食代金はツアー代金に含まれません

ミニレクチャー 14:00 龍良山麓自然公園センターにて、ミニレクチャー
民泊体験 15:00 選択制プログラム

・対馬名産 赤牛の飼育体験

・対馬の郷土料理体験(いりやき・ろくべえ)

・もっとも原種に近い究極のソバ「対州そば」手打ち体験

・農作業体験

・果樹の収穫体験

・伝統的なおやつ作り(ぼたもち、いももち等)

・龍良山原始林トレッキング

夕食 18:00 農家民宿のご家族と一緒に囲む夕ご飯。楽しい団らんのひと時です。
お食事: 朝× 昼○ 夜○

宿泊: 対馬市厳原町の農家民宿

二日目 アカハラダカの渡りを観察
観察 6:00 内山峠アカハラダカ観察所にて、渡りを観察

※途中、鮎戻し自然公園にて、農家民宿で作ってもらったお弁当を食べます(朝食)

ショッピング 11:00 ふれあい処つしま
昼食 12:00 おすすめのお店にご案内。対馬の食材を使ったおいしいランチをいただきます。

※昼食代金はツアー代金に含まれません

お見送り 13:00 厳原港フェリーターミナルでお見送り

※15:15博多埠頭着 ジェットフォイル「ヴィーナス」

お食事: 朝○ 昼○ 夜×

お問合せ先

対馬グリーン・ブルーツーリズム協会
〒817-1533
長崎県対馬市上県町志多留208
電話:0920-85-1756
FAX:0920-85-1755

旅行実施

対馬空港ターミナルビル株式会社 エアー・トラベルつしま

長崎県知事登録旅行業第2-115号 

総合旅行業務取扱管理者 永留 晃

企画共催

対馬グリーン・ブルーツーリズム協会