対馬の民泊|長崎県対馬市|民泊×体験

民泊とは、正式には「農林漁業体験民宿」とよばれ、農山漁村での生活体験や農林漁業体験などを提供する民宿業のことです。旅館やホテルと違い、自宅で宿泊を受け入れます。民泊を営業している家庭は、「農山漁村滞在型余暇活動のための基盤整備の促進に関する法律」に基づき、農山漁村体験を提供することを条件に、正式に旅館業営業許可を取得しています。

 

 

     ※ 料金には調理体験を含みます。
     ※ 子供料金、学生料金、団体料金など、各種割引料金を設定しています。お気軽にお問合せください。
     ※ 乳幼児に関しては、布団や食事の要・不要によって、料金が変わります。ご相談ください。
     ※ 民泊代にアルコール代は含まれておりません。
     ※ グリーンツーリズム参加者障害保険への加入ができます(任意・別料金)

民泊へ宿泊される方へのお願い

民泊とは、ホテルや旅館、民宿と違い、一般の家庭で宿泊を受け入れるものです。
お客様も、家族や親戚の一員として受け入れます。このような民泊の意義をご理解のうえ、民泊家庭での心配りなど、ご配慮いただくことをお願いいたします。
~注意点~
寝間着や歯ブラシなどのアメニティーグッズはご用意いたしておりません。各自ご持参ください。
お風呂も家族と共同で使用しますので、入浴時間や入浴後の声掛けなど、配慮をお願いします。
食事はご家族と一緒にとります。料理や配膳のお手伝いをお願いいたします。
宿泊されるお部屋は家族とは別室ですが、ふすま等で仕切られた空間である場合もあります。その旨、ご了承ください。
連泊される場合も外出中にシーツを交換したりお部屋をお掃除したりすることはございません。

ある民泊のお母さん

民泊をやっていて感じることは、人とのつながりの大切さ。民泊をはじめて、いろんな地域の人、いろんな職業や立場の人と出会うことができました。お客さんとお話ししていると、自分の世界がどんどん広がっていく感じがします。お客さんから、情報をいただいて勉強できることもある。それが醍醐味ですね。

私たちは、何も特別なおもてなしをしているわけではなくて、普段作っている野菜で、普段食べているものを作り、お話ししているだけです。それでも、すごく喜んでもらえる。うれしいですよね。

体験者の声①

今回の体験で、普段スーパーで見る切り身、私たちが食べている魚がどのように捕まえられ、さばかれ、切り分けられているのか知ることができました。漁師の方々や魚にも感謝でき食べ物のありがたみが分かります!ありがたみをお子さんに伝えるため、「親子で漁体験」おすすめです!!体験レポートはこちら(PDF)

体験者の声②

民泊の醍醐味とは美味しいごはんを食べて、宿の人やそこで出会った人と話すこと・交流する事なんだなぁと思いました。
普段の生活ではなかなか会えないような人と「縁」でつながることができます。体験レポートはこちら(PDF)