2018年10月11日

スタッフを募集しています

写真

対馬グリーン・ブルーツーリズム協会 事務局長 / 一般社団法人対馬里山繋営塾 代表理事 川口幹子

写真

当協会では、一緒に働いてくれるスタッフを募集しています。

主として農泊を主軸とした着地型観光商品の企画と販売を担う観光部門スタッフ(1~2名)と、自然体験や農泊体験を主軸とした教育プログラムの企画・運営や離島留学(対馬市島っこ留学)の子どもたちの受け入れサポートを担う教育部門スタッフ(1名)の2部門です。

ただし、この2つの分野は互いに融合しているので、結局どちらの仕事もこなしていただくことにはなります。そのため、幅広い分野に興味関心を持てる人、様々な状況に臨機応変に対応し、自分で考えて行動できる人でなければ、務まりません。

 1.観光部門

対馬グリーン・ブルーツーリズム協会は、対馬島内各所にある「農林漁業体験民宿(農泊・民泊)」のネットワーク組織です。事務局では、会員さんである農泊への宿泊斡旋や、農泊を使った観光商品の開発と販売を行っています。

インターンの学生とうちの会長。協会会員さんはみんな明るく個性豊かです

会員さんには、農家さんや漁師さんをはじめ、整体師だったり、昔は保母さんだったりと、本当に多種多様なメンバーがいます。それぞれに得意分野があり、個性があり、そういう特徴を上手につかんで、このお客さんなら、この宿がぴったり!というマッチングを行うのが、事務局スタッフの腕の見せ所です。それぞれの宿の「ウリ」をどうやってお客さんに届けるのか、その時々の「旬な楽しみ方」をどう企画に組み込むのか。そういうことを考えながら、商品づくりや情報発信をしていきます。

歴史ガイドを依頼されることもあります

また、ガイドやツアーの添乗の業務もあります。歴史、文化、自然、そしてグリーンツーリズムならではですが、対馬の今の産業や暮らし、教育や医療の状況など、お客様にお伝えしなければならない内容は、多岐にわたります。最初は先輩ガイドについて行ったり、定期的な勉強会を経て、徐々にガイドとして独り立ちしていけるようにサポートします。

近年、対馬を訪れる韓国人観光客が、どんどん増えています。これまでは旅行会社主催のツアーで、大型バスで移動する形が主流でしたが、徐々に、レンタカーを使って家族やグループで対馬の文化を楽しむ個人旅行が増えてきました。そうした旅行者は、より地元の文化に深く触れることができ、体験も充実している農泊・民泊を、好む傾向にあり、当協会への問い合わせも増えてきています。じわじわと、ですが、ヨーロッパからの観光客からの問い合わせも来るようになりました。こうした外国人からの問い合わせ対応や、外国人に向けた情報発信、商品づくりなども、重要な業務です。

2.教育部門

バードウォッチングツアーのインストラクターをしたり

当協会ではこれまで、農林漁業体験民宿を活用し、さまざまな教育プログラムを行ってきました。今年で7年目となる「島おこし実践塾」、今年から取り組みを始めた「島の達人入門塾」などです。海、山、田畑・・・周囲にある自然資源と上手に向き合いながら暮らしてきた対馬の人々の技術と知恵、それを教材に、人材育成に取り組んでいます。

田植え体験のインストラクターをしたり

こうした教育プログラムの企画と運営を行います。ネイチャーガイドや自然体験インストラクターとしての仕事もあります。

 

さらに、次年度からは、「島っこ留学」の子どもたちの受け入れも始まります。対馬市では、教育委員会が主体となって離島留学制度「対馬市島っこ留学」を実施しています。留学、と言っても、外国の子どもが来るわけではありません。対馬以外に住んでいた子どもが、親元を離れ、対馬の小学校、中学校に転入して学校生活を送るのです。

島っこ体験留学に参加した子どもたち

留学生の寄宿舎となる寮の運営、食事や登下校のサポートが、スタッフの主な業務になります。都会の学校になじめなかった、両親が忙しく十分な家庭教育が受けられない、といった事情を抱えて留学を希望する子。自然豊かな対馬でざまざまな文化に触れたい、小規模校で個性を発揮したい、という子もいます。このような、背景にある様々な事情と溢れる個性とを十分に汲み取り、対馬で活き活きとその子の能力を伸ばせるよう、その子にあったサポートをしていくことが求められます。

職場の環境

築100年を超える古民家を改修した事務所で仕事をしています。農林漁業体験民宿を運営している会員さんとは、家族ぐるみの付き合いになることも。打ち合わせに行くと、お野菜をもらったり、子どもの名前をすっかり覚えてくれて一緒に遊んでくれたり、、、とにかく地域とのつながりが強い職場です。

事務所の外で遊ぶスタッフ(×2)の子ども(×2)

子育て世代も大歓迎。今、当協会スタッフは、事務局長である私も含め、みんな子どもがいます。まだ保育園に行かない0歳児、1歳児の時には、職場に連れてきて一緒に仕事をしていました。保育園に行くようになっても、時々職場に子どもを連れてきています。誰かが見てくれます(笑) 。職場も地域も家庭も、一緒に子育てできる環境を目指しています。

 

スタッフか、会員さんか、参加者か、必ず誰かがあやしてくれます(笑)

求人情報

業 種 サービス業(観光・教育分野)
職 種 1.観光部門(旅行事務・企画・営業) 1~2名

2.教育部門(環境教育指導者、離島留学生寮の管理・運営) 1名

仕事内容 1.観光部門

  • 農林漁業体験民宿(民泊・農泊)を用いた着地型観光商品の企画・営業
  • 農林漁業体験民宿(民泊・農泊)への宿泊斡旋、問い合わせ対応、旅行事務
  • 対馬の自然、歴史、文化、およびそれを用いたグリーンツーリズム・エコツーリズムに関する情報発信
  • 新規民泊の開拓と旅行・教育商品開発
  • ガイド業務、添乗業務
  • 外国人(主に韓国人)を対象とした着地型観光商品の企画・営業
  • 英語、および韓国語での窓口業務(宿泊斡旋、問い合わせ対応、旅行事務)
  • 英語、および韓国語での情報発信

2.教育部門

  • 体験学習プログラムの企画・運営
  • 体験学習プログラムのインストラクター・ネイチャーガイド
  • 離島留学(対馬市島っこ留学)の留学生宿舎の管理・運営(子供たちへの食事の準備、宿直、登下校サポート、メンタルケア)
  • 離島留学制度に関する情報発信
勤 務 地 長崎県対馬市

  • 事務所:対馬市上県町志多留307
  • 離島留学生寮:対馬市峰町三根
  • 活動場所:全島各地の農林漁業体験民宿
勤務時間 1か月単位の変形労働時間制

  • 8:30~17:30 (休憩1時間)
  • 17:00~翌9:30 (離島留学生寮の宿直業務 休憩21:30~6:00)
  • 13:00~21:00 (離島留学生寮の夕食準備を含む)
  • 6:00~15:00 (休憩1時間・離島留学生寮の朝食準備を含む)
休 日
  • 週休二日制(シフト制により決定)
  • クリエイティブ休暇(7~9月の繁忙期を除く8日間)あり(有給休暇の計画的付与)
給 与 月給制 基本給165,000円

  • 皆勤手当、時間外手当、休日手当あり
  • 昇給あり(勤続1年以上)
  • 下記優遇項目に該当する方は、基本給を考慮します。
待 遇 正社員

  • 社会保険完備(雇用保険・労災保険・健康保険・厚生年金)
  • 社宅あります(一軒家、家賃1万円~2万円)
応募要件
  • 年齢・経験不問
  • 新卒可
  • 普通自動車運転免許(オートマ可) ※ただし、入社後AT限定解除していただきます(対馬で取得できます)

【優遇項目】下記に該当する方は、選考ならびに基本給を優遇します。

1.観光部門(総合職)

  • 国内または総合旅行業務取扱管理者
  • 添乗員または旅行会社勤務経験
  • 韓国語能力検定(TOPIC)2級以上 又は TOEIC 700点以上

2.教育部門

  • 教員免許
  • 自然体験活動指導者等の資格

採用スケジュール

1.書類選考 10月31日〆切

2.面接選考 11月上旬@対馬・福岡 または Skype(日程調整の連絡をいたします)

3.採用決定 11月中旬

4.勤務開始 翌年4月(翌年4月以前に着任可能な方は、勤務開始日をご相談させていただきます。)

応募方法

履歴書・職務経歴書(中途採用のみ)を記入の上、下記問合せ先まで電話またはメールでご連絡ください。

対馬グリーン・ブルーツーリズム協会

(事務局:一般社団法人対馬里山繋営塾)

TEL:0920-85-1755

E-mail:m-kawaguchi@tsushima-gbt.com (人事担当:川口幹子)

この体験記を書いてくれた人

写真

対馬グリーン・ブルーツーリズム協会 事務局長 / 一般社団法人対馬里山繋営塾 代表理事 川口幹子
人が好き。自然が好き。責任感を持って仕事に取組み、自分で考えて行動できる、意欲ある方を募集しています。