農泊について

農泊について

暮らすように過ごすまた帰ってきたいと思う「農泊」という旅

農泊とは

正式には「農林漁業体験民宿」とよばれ、農山漁村での生活体験や農林漁業体験などを提供する民宿業のことです。いわゆるホームステイ・ファームステイであり、農林漁業者の自宅で宿泊客を受け入れます。様々な日常の作業を受け入れ家庭の家族と共に体験することで、地元の人との心からの交流をすることが出来ます。
受け入れ家庭も、遠くに暮らす親戚が遊びに来たと思って受入れます。遠慮なく交流し、島の暮らしを楽しんでいただきたいと思います。

農泊を営業している家庭は、「農山漁村滞在型余暇活動のための基盤整備の促進に関する法律」に基づき、農山漁村体験を提供することを条件に、正式に旅館業営業許可を取得しています。

農泊のポイント

家族の一員として迎えます

家族の一員として迎えます

旅館やホテルと違って、農林漁業を営む方のご自宅に宿泊します。「お父さん」「お母さん」とつい呼んでしまう受け入れ家庭のご家族。まさに家族の一員としてお客様をお迎えします。その出会いは一生の思い出になるはずです。

価値観を変える感動体験

価値観を変える感動体験

宿泊だけでなく、受け入れ家庭の生活そのものを一緒に体験します。
農業、漁業などの仕事体験、郷土料理体験などの体験を通じて、暮らしの中に息づく伝統の技を感じてください。

本物のおいしさに出会う旅

本物のおいしさに出会う旅

地元の新鮮食材をふんだんに使った家庭料理。そのほとんどが受け入れる農林漁業者さん自らが生産したり捕獲したりしたものです。対馬の人は「旬」をとても大事にしています。本当においしいものをおいしい時期に。贅沢な暮らしです。

受け入れ農家さんの言葉

Aさん
A

「私たちは何も、特別なおもてなしをしているわけではなくって、普段作っている野菜で、普段食べているものを作り、お話ししているだけなんです。
それでもすごく喜んでもらえる。うれしいですよね」

Bさん
B

「農泊をやっていて感じることは、人のつながりの大切さ。農泊を初めて、いろんな地域の人、いろんな職業や立場の人と出会うことができました。
お客さんとお話ししていると、自分の世界がどんどん広がっていく感じがします。
お客さんから情報をいただいて勉強できることもある。それが醍醐味ですね。」

農泊する際の注意事項

  • お食事は受入民家の家族と一緒に食べます。時には魚をさばいたり、郷土料理をお母さんに教わったりしながら一緒に作ることも。食材についての話も弾み、楽しいひと時です。

  • 寝巻きや歯ブラシ、洗面具などのアメニティグッズは用意しておりません。各自お持ち下さい。(タオル、石鹸・シャンプー、ドライヤーは貸出しております)

  • アルコールやジュース類の民泊民家での提供・販売はしておりません。事前にご自身で準備をしていただくか、途中で購入してご持参ください。

  • 旅館や民宿とは異なり、外出中に使用済みお布団のシーツを交換したり、部屋を掃除したりすることはございません。

  • 和室が客室となる場合が多く、6畳から8畳の部屋が2~3部屋続いています。となりの部屋とはふすまで区切ることはできますが、施錠等はできません。

  • ホームステイですから、民泊民家の家族と一緒に生活をします。お風呂・トイレは共同で使用します。

  • お部屋は受け入れ家族とは別室ですが、ふすまで仕切られた空間である場合が多いので、ご了承ください。

  • お食事やお風呂および就寝時間は各民家によります。

プラン・料金

1泊2食(大人) 7,800円
1泊朝食(大人) 6,000円
素泊まり(大人) 5,000円

※料金にアルコール代は含まれておりません。各自ご持参いただくか、ご購入ください。
※子供料金や、研修割引料金を設定しております。詳しくは「料金一覧」をご覧ください

キャンセルについて

  • 宿泊予定日からさかのぼって7日前~3日前:20%
  • 宿泊予定日からさかのぼって2日前~宿泊予定日前日:50%
  • 宿泊予定日当日および無連絡:100%

※旅館やホテルと異なり、受け入れ家庭は、宿泊業を本業としているわけではありません。受け入れる農林漁業者さんは、予約があると、宿泊される皆様のために予定を空けて準備を行っておりますので、キャンセルの場合は、キャンセル料をいただくようにしております。その旨ご理解いただきますよう、お願いいたします。

ただし、悪天候による航路・空路の欠航、および欠航が予想される場合においては、この限りではございません。(ただし15時以降のご連絡の場合、夕食を準備してしまっておりますので、食材費として50%のキャンセル料をいただいております)

農泊の一覧へ