カテゴリで絞り込む

暮らしの体験

郷土料理づくり

宿泊する農家・漁家民宿のお母さんに、自慢の郷土料理を教わります。「いりやき」「ろくべえ」などの代表的な対馬の郷土料理体験の他、「豆酘雑煮」といったマニアックメニューも。

この体験について

対馬名物「いりやき」

対馬の郷土料理といえばこれ!昔から、人が集まる場では必ずと言っていいほど振舞われた、家庭料理です。地鶏または旬の魚で出汁をとり、醤油と砂糖で味付けする鍋料理です。季節の野菜や対馬が誇る肉厚シイタケなども入って、ボリューム満点。

いりやき作り体験記(地鶏編)

いりやき作り体験記(ブリ編)

初体験のプルプル食感!サツマイモ麺「ろくべえ」

サツマイモを発酵させて作る「せん」を、水で戻し、おろし金のような専用の器具で麺状に押し出してゆで上げ、魚や地鶏出汁のスープでいただきます。モチモチ・プルプルの食感が病みつきに!

この「せん」、サツマイモのでんぷん質が材料ですが、その名の由来は「千の手間」。サツマイモをつぶして、丸めて、発酵させ、水にさらして、濾して、丸めて、乾かして・・・芋の収穫から約5カ月の時間を要する保存食です。いかに対馬の人が芋を大事に使ったかがわかりますよね。

ろくべえ作り体験記

 

餅が入っていない!「豆酘雑煮」

お正月といえば「お雑煮」、お雑煮といえば「お餅」です。な、な、な、なんと!対馬には「お餅の入らない」お雑煮があるんです!主役が無いじゃん、と思いますが、お餅の代わりなのか、サトイモがごろごろと入っています。他にも大根、人参、ゴボウ、こんにゃく、いろんなおまめやお豆腐、ちくわやかまぼこなど、とにかく具だくさん!味付けは醤油と酒だけなのに、炙った魚でとったお出しと、たくさんの具からでた旨みが、とっても深い味わいを生み出します。

対馬の中でも「豆酘(つつ)」という地域だけで作られるマニアック郷土料理です。

豆酘雑煮づくり体験記

持ってくるもの

  • 汚れてもいい服 または エプロン

調理器具はすべて貸し出しますので、手ぶらで参加して大丈夫です。調理中の汚れが気になる方はエプロンをご持参ください。

調理した料理は、夕食としていただきます。食中毒予防の観点から、料理のお持ち帰りは禁止しておりますので、その旨ご了承ください。

体験概要

開催時期 1~12月
所要時間 1時間半~2時間
対象年齢 小学生以上 ※保護者の方が同伴される場合は、未就学児も体験可能です。
体験料 1,500円/1人

※農泊宿泊のオプショナルサービスです。体験のみの受け入れはできません。

この体験ができる農泊

体験プログラム一覧へもどる